新宿紀伊国屋書店でサイバーポリスに補導暦がある少女と出会い、裏稼業を訊く

木曽川の国道1号線下流。

img_2

満潮への上げ潮。
ハゼを釣るには、絶好の時合かと思われたが。。。

現地に到着すると、ボラ?セイゴ?

なんだかそこらじゅうの海面をとびまくっている。

bora

がしかし、
目的のハゼがいっこうに釣れない。

かかるのは、小セイゴ。

ただし、20cm前後のものばかりで、持ち帰るにはちょっと物足りないサイズばかり。
なのでリリース。

そんな釣り開始から1時間が経過したところで、竿が突然大きく曲がった。
大木か、地引網がかかったような感じで、ものすごいしなり。

慌てて竿を持つと、ガツンとくるものはない。

なのでマダカやクロダイではないことは、この時点で想像できた。

いや~な引き。
エイかなと。

しっかし、とにかくミチイトは巻けるけど、ずっしり重い。はてしなく重い。

それでも岸までよせてくると、やはりエイだ。かなり大きい。

仕方なく、仕掛けを切って海にお帰りいただきました。

img01

この日は、外道だらけに終わった釣りですが

外道
釣りで、釣る目的のものと違った種類の、釣り上げた魚。(広辞苑より)

Jメールでも、外道が釣れることは珍しくありません

セイゴのように釣り上げて楽しめる外道もいれば、エイのように釣り上げずに逃がす必要のある外道もいます

この記事では、先日釣り上げてしまった愛すべき外道との体験談をご紹介させてください

 

新宿紀伊国屋書店

Jメールで割り切り募集していた女の子からLINEが来たので、会う約束をします

warikiri03

待ち合わせ当日、待ち合わせ場所の新宿紀伊国屋書店へ行ってみると・・・

それらしき少女発見

img_4935 img_4949

高木瑞穂さんのご著書『サラリーマンより稼ぐ女子高生たち〜JKビジネスのすべて』を熱心に読まれていました

「こんにちはー」
「あ、こんにちは」
Jメールですよね・・・?」
「はい」

幼すぎる・・・

ちょっと2人で個室に入る勇気がない

こんな時は、新宿名物雑居ビル階段へ

img_4944 img_4948

「名前聞いてもいい?」
「せなです」
「可愛い名前だね。じゃあ今からせなちゃんに(ry

せなちゃんは微笑むと、頭を低くした

抹茶のムースケーキ

1時間後にも待ち合わせがあるというので、紀伊国屋書店近くにあったガストへ行きます

img_4955

「あの2人も援だよ」
「絶対そうですね」

en

店員が席まで案内します

「抹茶のムースケーキ美味しいよ」
「私、抹茶大好き!それにします!」

抹茶のムースケーキを2つ注文

ガストに座って落ち着いたのか、せなちゃんペラペラと喋り出しました

実家は埼玉の山奥だそうです

「学校帰りにイチゴ狩りができるビニールハウスがあって、そこのおじちゃんからイチゴ貰うんです。もらったイチゴを食べながら家に帰ってました」
「のどかでいいなー。自然大好き」
「私は都会の方がいいです」
「いつもはどこで募集してるの?」
「大宮とか、新宿が多いです。会う人に合わせてますけど、門限があるのであまり遠いところだときついです」

抹茶のムースケーキが運ばれてきました

img_4947

「ヤバイヤバイ♡」
「美味しいね」
「抹茶最高!」

親指を立ててご機嫌なせなちゃん
女の子は甘いもの食べると、とりあえず機嫌が良くなります

サイバーポリス

「お兄さんみたいな優しい人で良かったです」
「こちらこそ。せなちゃんで良かったよ」
「実は前にサイバーポリスに捕まったことあるから、会うの怖かったです」

!?

「サイバーポリスってどんな感じなの?」
「その頃はTwitterで募集してたんですよ。援アカみたいなの作って」
「あーよくあるやつね」
「DMやり取りして大宮駅で待ち合わせたんですけど、サイバーポリスでした」
「会ったら警察だ!って言われたの?」
「待ち合わせ当日に服装の特徴とか言って、大宮駅のまめの木前で待ってたらTシャツとジーンズの普通のおじさんが来たんです。せなちゃんですか?って聞いてきて、私がそうですって言ったら、警察手帳を見せられました。それが出た瞬間に、両サイドの背後から2人警察が来て、3人に囲まれました」
「怖すぎる・・・」
「で、連れていかれて補導されて、親に連絡いって・・・最悪でしたね」

どこまで聞いて良いか分からなかったが、興味が合ったので更に追求してみる

「サイバーポリスのTwitterアカウントってどんなだったの」
「今思えば、おかしかったです。連絡くれる他の人は色んな援アカに、どこまで出来る?とかリプしてたり、ムラムラしてきたとかツイートしたりするのに、そのアカウントは、フォローありがとうとか、食べ物の写真載せたりとかしかしてなかった」
「DMでも何が出来る?とかエッチしたいとか言ってこなかったでしょ」
「うん。待ち合わせのことしか話さなかった。固定ツイートに出来ることとか書いたスクショ載せてたのに。それを聞いても、まずは会いたいですしか言わなくて」
「アイコンってどんなだった?」
「味噌ラーメン」
「味噌ラーメン(笑)」
「もうそれ以来、味噌ラーメンがトラウマになりました」
「著作権を侵害しそうなアイコンだったり画像をツイートに載せてなかったら怪しいな」
「もうTwitterは怖すぎる」

Twitterでの援募集は、常に危険が伴います

サイバーポリスの活動が本格的になっただけでなく、2015年秋以前までは寛容だったTwitter運営が、現在は危ないアカウントを開設から数日中には凍結させるようになりました

渋谷de散歩も営業停止に追い込まれ、目の届く範囲で大々的に募集できる時代が終わろうとしています

少女の錬金術

せなちゃんに、補導されたときに使っていた援募集の“オプション表”を見せてもらいました

01 02 03 04

「凄すぎる・・・。完璧だなこれ。せなちゃん1人で考えたの?」
「そうです」
「まさか・・・。これ、援デリ業者が考えるレベルだよ」

1度失敗したら萎縮して動かなくなるのではなく、もう失敗しないように知恵をつけてパワーアップする少女

いたちごっこは続くのでしょう

「せなちゃんは、何でここまでして個人営業続けるの?」
「本当にお金に困ってるわけじゃないんですけど…自分を試してるんです」
「試す…?」
「どこまでやれるか自分を試したいんです」
「援じゃなくても、こんだけ考えれるなら他に金稼ぐ方法見つけそう。他はどんな事して稼いでるの?」
「メルカリでマンガ売ったりジャニーズのグッツやチケット売ったりです。後は、ゲームアカウント売ったりとか」
「スマホゲームアプリのデータ?」
「そうです。私、学校行かないでずーっと引きこもってスマホのゲームしてるんですよ。それで、レアなアイテムとかレアなキャラとかゲットしたら、そのデータを売ってます」
「なるほど…。そんな稼ぎ方もあるんだ」

せなちゃんからは、タメになる話をたくさん教えてもらいました

このままここのガストで、次の人と待ち合わせする段取りが決まったそう

せなちゃんを残して、席を立ちます

img_4953

「せなちゃん今日はありがとう!お会計しておくね」
「大丈夫です!次の人にここのお会計払わせますので。いっぱいお話聞いてくれたので、ここは私におごらせてください」
「え、大丈夫なの?」
「抹茶が美味しすぎて2つ食べちゃった!っていう食いしんぼキャラで試してみます」

手を振って別れました

ハリスを切る勇気

参った・・・

頭をかきながら、新宿を後にします

せなちゃんは、只者ではありませんでした

紀伊国屋書店であんな本を立ち読みしていた時点で、警戒すべき相手だったのかもしれません

一流の釣り師は「この魚は釣り上げたらまずい」と、釣りの途中で仕掛けを切って魚を逃がすことがあります

55 5

今回の僕はその見極めが出来ず、とんでもない魚を釣り上げてしまいました

補導暦があり、玉砕覚悟で大暴れしている少女は相当危険です

Jメールの海では、得体の知れない獰猛な魚が釣れる場合もありますので、くれぐれもご注意ください

この子ヤバイかなーと気づいたら、やり取りしたポイントが勿体無くても仕掛けを切って逃がす見極めも大事です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です